トップページに戻る

1つ前に戻る

新着情報

地方創生SDGs国際フォーラム2021開催のご案内

2020.12.28(月)

このたび内閣府および地方創生SDGs官民連携プラットフォーム主催で、

「地方創生SDGs国際フォーラム2021」が開催されることとなりました。

 

近年問題となっている地域経済の減速や加速的な人口減少に対し、

地域活性化に関する取り組みの先進事例の共有、

並びに海外における地域課題の解決やSDGs達成に向け展開するビジネスモデル等を共有いたします。

 

弊社代表取締役の寺山もパネリストとして、

「地域企業による海外のSDGs達成に向けた課題解決を通じた地方創生」をテーマに登壇いたします。

ご興味がございましたらお気軽にご参加ください。

 

--------------------------------------------------------

【地方創生SDGs国際フォーラム2021】

日時:2021年1月14日(木)

   10:30~16:00 国際フォーラム

   16:15~17:15 フォーラム関連イベント

主宰:内閣府、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

形式:オンライン(Zoom)による視聴

申込み期限:2021年1月7日(木)17:00

参加費:無料

--------------------------------------------------------

 

参加は以下のURLからもお申込み頂けます。

https://web.apollon.nta.co.jp/chihososei_sdgs/

木質バイオマス発電所オーナー公募のお知らせ(福島県・島根県・広島県)

2020.11. 9(月)

記事カテゴリー: 報道

 2020年10月、政府は「2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする、すなわちカーボンニュートラル・脱炭素社会の実現を目指す」と具体的な目標期限を明言しました。

 近年木質バイオマス資源の利活用には、森林保護や防災、過疎地域の経済活性化、建設廃材リサイクルなど、地方創生の起爆剤となりうる産業として注目を頂いております。

 この度の政府の発表により再生可能エネルギーの需要が更に高まっていることから、株式会社ネオナイトでは地域の間伐材を利用した小規模地域分散型の木質バイオマス発電所の普及と拡大を目指し、

 

今年度より、「木質バイオマス発電所オーナー」 を公募いたします。

この度の当社事業概要について、

・発電所の候補地選定、燃料確保、プラント設計及び建設、電力会社等各種申請(FIT含む)など、再生可能エネルギー発電事業開始に係る全ての手続きを当社が一括で代行いたします。

・発電した電気はFIT制度を利用して売電し、発電事業における収支は全てオーナー様の収益となります。

・発電所稼働後のメンテナンスも当社にて行いますので、運用においても手間がかかりません。

 

busi-model.PNG

【プラント仕様】

              最大出力 220kw

              稼働日数 年間約340日

              チップ種類 切削チップ

【費用】

    2億8,600万円(内消費税2,600万円含む) / 1施設当たり

【収支】

    年間収入(キャッシュ)を分子とした場合 実質利回り25.18%

            年間利益(キャッシュ)を分子とした場合 実質利回り7~8%

【場所】

     福島県 3施設合計600kw (オーナー募集3枠)

             島根県 2施設合計400kw (オーナー募集2枠)

             広島県 2施設合計400kw (オーナー募集2枠)



【201107】全国及び福島地区 木質バイオマスガス化熱電併給施設 建設状況及び予定地



【201109】image-place.jpg

 

 

お問合せ・お申込みはこちら

まずは一度お気軽にご連絡ください。

「再エネ100宣言 RE Action」に参加いたします。

2020.10.28(水)

slide02.PNG

株式会社ネオナイトは「再エネ100宣言 RE Action」のアンバサダーとして、2025年までに使用電力を100%再生可能エネルギーへの転換を目指すと共に、地域の再エネ普及に向けた事業及び活動を進めてまいります。

 

再エネ100宣言 RE Actionとは、

企業、自治体、教育機関、医療機関等の団体が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組みです。

【再エネ100宣言 RE Action 公式ページ】

rogo_big.PNG

木質バイオマスガス化熱電併給事業に関するお知らせ

2020.6.12(金)

弊社では令和2年度より、木質バイオマスガス化熱電併給施設1箇所200kwをベースとした、2,000kw未満の固定価格買取制度(FIT)許可取得案件プロジェクトのオーナー公募を開始致しました。

【問い合わせ先】株式会社ネオナイト 

本社 〒690-0026島根県松江市富士見町1-7

   TEL:0852-38-8025 FAX:0852-37-2514 e-mail:n@neonite.jp

視察・技術者講習会のご案内 11月開催のお知らせ

2017.10.30(月)

この度、地区の皆様のご理解とご協力を頂き、ため池除染を高精度・短期間で実施する除染システムの公開デモンストレーションや技術者講習会を行う事になりましたのでご案内申し上げます。

 

 【備 考】

日時:技術者講習会 : 平成29年11月10日(金)~13日(月) 8:00~16:00

   視察     : 平成29年11月10日(金)~15日(金) 9:00~12:00

場所:蛭田池 〒962-0714 福島県須賀川市下小山田字孫八内 近辺

※視察は事前に予約をお願いします。休憩や機械の整備など来場頂いても動いていない事もございますのでご協力をよろしくお願い申し上げます。

※急遽予定を変更する場合がありますので、事前に連絡確認をお願い申し上げます。

 

 【問い合わせ先】

株式会社ネオナイト

本   社  〒690-0026島根県松江市富士見町1-7

       TEL:0852-38-8025 FAX:0852-37-251 e-mail:n@neonite.jp

 

視察・技術者講習会のご案内

ため池除染事業事業者説明会 9月開催のお知らせ

2017.8.18(金)

ため池除染対策事業が本年度より本格的に始動します。

対策工事に参入する事業者(経営者)を対象として、ネオナイト工法によるため池薄層浚渫技術による事業説明会を定期的に開催しております。

 

 【 備 考 】

日時:平成29年9月~

   1~2時間程度 ※終了後個別面談実施

場所:郡山事務所 〒963-8861福島県郡山市鶴見担1丁目11番1号

   アクセス:内環状線沿い JR郡山駅より自動車で約15分

 

・説明会の開催は参加要望の状況によって随時実施しています。

・希望される場合は、予約登録をお願い致します。

※ご予約の無いお客様のご参加はお断りさせて頂きます。

 説明会後に面談、協力企業参入への相談会を予定しております。

 ご希望の方は事前にお知らせ下さい。

 

 【問い合わせ先】

株式会社ネオナイト

郡山事務所 〒963-8861福島県郡山市鶴見担1丁目11番1号

       TEL:024-983-6233

本   社 〒690-0026島根県松江市富士見町1-7

       TEL:0852-38-8025 FAX:0852-37-251

営業技術部 携帯:080-2881-0579 e-mail:n@neonite.jp

 

 

第4回ネオナイト工法によるため池放射性物質薄層浚渫技術協力企業募集説明会のご案内

 

ため池除染技術者講習会 8月開催のお知らせ

2017.8.11(金)

ネオナイト工法によるため池薄層浚渫技術の技術者講習会の開催を8月最終週に計画しています。但し、応募人数が少ない場合は変更する事もございます。

開催場所:㈱ネオナイト 郡山事務所(福島県郡山市鶴見担1丁目11番1号)

連絡先:TEL:024-983-6233

アユを用いたネオナイトの魚類に対する安全性試験実施のお知らせ

2017.6.21(水)

 毎年恒例となっております、水質の変化に敏感な天然鮎の稚魚を用いた、

 ネオナイトによる魚類への安全性試験を実施しました。


 一般的に水処理でよく使われる薬品(PAC)と、当社の凝集剤(ネオナイト)を使用した時、

 処理水が鮎に与える影響の試験を行いました。

IMG_9929.JPG        アユ 1000㎎ 4日目.png


 その結果、当社のネオナイトは、通常の使用量の10倍以上の濃度
(1,000mg/L)でも死亡は見られず、安全性が高いことが確かめられました。
一方、PACは42mg/Lの濃度で半数の鮎が死亡しました。
 また、昨年度に引き続き、PAC処理水にネオナイトを添加した場合の試験も実施しました。

IMG_9963.JPG

                        

                                                                                                                                                      

その結果でも鮎の死亡は見られず、ネオナイトには残留成分の

除去効果があることが分かりました。

当社では、水産資源の保護と安心安全な水処理を推進するため、鮎への影響調査を毎年長期的に実施しております。

第2回ネオナイト工法によるため池放射性物質薄層浚渫技術事業 協力企業募集説明会ご案内

2017.4. 5(水)

記事カテゴリー: 研修会

2011年の東日本大震災と原子力発電所の事故により、福島県の農業用ダム・ため池には、依然として放射能物質が蓄積しております。対象となるため池も県内で550か所以上にのぼり、復興庁も未調査箇所を含めると除染実施対象が1,000か所程度になると見ています。このような中、弊社は、平成27年度福島県ため池等放射性物質対策公募技術実証事業に応募し、弊社の提案した技術が採択されております。このたび、その技術を用いた工法について説明会を行うこととなりましたので、ご案内申し上げます。

【日時・場所】 

・平成29年4月21日(金) 1部編成

第1部  15:00~

・郡山市民交流プラザ(ビックアイ7階) 第2会議室

福島県郡山市駅前2丁目11番地1号

アクセス:鉄道最寄り駅 JR郡山駅より徒歩で約5分

 

【備考】

・説明会の募集は㈱ネオナイトのホームページに掲載します。

・希望される場合は、予約登録をお願い致します。ご予約の無いお客様のご参加はお断りさせて頂きます。

・説明会後に面談、協力企業参入への相談会を予定しております。ご希望の方は事前にお知らせ下さい。

 

第2回 ため池放射性物質薄層浚渫技術説明会のご案内.pdf

ため池除染事業協力業者広告

【問い合わせ先】

・主催:株式会社ネオナイト

郡山事務所 〒963-8001福島県郡山市大町2丁目9-13  TEL:024-983-6233

本    社  〒690-0026島根県松江市富士見町1-7 TEL:0852-38-8025 FAX:0852-37-251

・ 担当:営業技術部 井川 携帯:080-2881-0579 e-mail:igawa@neonite.jp

すべての記事

全国ネオナイト工法振興協会のサイトへ(http://www.neonite.net/)
お見積・ご相談